高血圧対策法「ヘルベッサー」と金スマで話題マッサージ

高血圧と病院で診断された場合、治療は降圧剤による方法が一般的です。
降圧剤には色々な種類があり、症状や他に合併症や持病の有無などで、処方する降圧剤は異なります。
「ヘルベッサー」も、高血圧治療に処方される、降圧剤の1つです。

ヘルベッサーはカルシウム拮抗剤という、種類の降圧剤となっています。
カルシウム拮抗剤は、血管を拡げる作用を持つ為、高血圧の治療に多くもちいられる降圧剤です。
動脈部分の血管壁には平滑筋細胞でできた層があります。
この細胞が収縮を起こす事で、血管は細くなり結果、血圧は上がります。
細胞が収縮を起こすには、細胞にカルシウムイオンが必要です。
ヘルベッサーは、細胞にカルシウムイオンを流れ込ませないように働く降圧剤です。
カルシウムイオンが平滑筋細胞に、行かないようにする事で、血管の収縮を抑制して血圧を下げる効果を発揮します。

カルシウム拮抗剤は、副作用も少ないとして、多くの病院で処方されています。
また、降圧剤を飲む程ではないけれど、血圧は高めという場合、金スマで話題となったマッサージがお勧めです。
金スマでは様々な健康法が取り上げられていますが、高血圧対策として「ふくらはぎマッサージ」を紹介しています。

ふくらはぎは第二の心臓と言われている程、重要な部分です。
人間の血液の約70%は、重力がかかる事から、下半身に集中していると言われています。
血液は心臓がポンプのような働きをして、全身を巡っているのですが、下半身にある血液を上半身へ戻そうとすると、強い圧力が必要です。
血液を上半身へと送る為、強い圧力がかかる事で、血圧も上昇してしまうのです。
金スマで紹介された、ふくらはぎマッサージを行う事で、下半身の血液をマッサージの力により、上半身へと送る効果が期待できます。
血圧が気になるという方は、ふくらはぎマッサージを実践してみましょう。

トップページへ